NEWS | HISTORY | GUIDANCE | CURRICULUM | STUDY | FOR EXAMINEE | STAFF | LINK

学科概要

 建築は、様々な環境づくりを通して人間と密接に関わり、社会を形成する重要な要素です。それ故に、豊かで生彩ある社会生活環境の創造に向けて、大きな可能性を有しています。
 本学科は、芸術・学術・技術に立脚した「総合建築教育」を特色としており、「発展」から「持続」へ、「効率性」から「人間性」へという、成熟期を迎えた社会の要求や課題を的確に把握し、それらの実現や解決に対して「理論的」かつ「実践的」に対応しうるデザイナーやエンジニアの育成を目指しています。
 平成21年度より既存5分野に新たに4つの教育分野を加え、より充実した教育を提供します。さらに,都市学科との連携によって「建築」から「都市」まで幅広く学習できるのも本学科の特色です。

より詳しい情報はここをクリックし てください。

学習教育目標

 本学科では、設計・計画,環境・設備,構造・材料、防災の各専門領域を通じて総合的な学習・教育を実践し、持続可能な、そして人間性豊かな社会の生活空間を創造できるデザイナー、エンジニアの育成を目指しており、次の(A)〜(F)の学習・教育目標を設定しています。

(A)技術者としての人類社会と自然環境に対する自覚と責任を理解する能力の養成
(B)数学、情報技術を含む工学基礎知識とその応用能力の養成
(C)国際コミュニケーション基礎能力の養成
(D)建築学および関連分野の基礎知識の養成
(E)建築学および関連分野の専門知識とその応用能力の養成
(F)持続可能な生活空間を創造できるデザイン、エンジニアリング能力の養成

アドミッション・ポリシー

 本学科は幅広い分野に対応しており,多様な人材を求めています.以下の「6」は必須ですが,「1」〜「5」のいずれかの資質を有する人を求めています.

  1. より良き人間生活と社会づくりに向けて,建築や社会の問題を解決するために幅広い知識と技術を修得しようとする意欲のある人
  2. 探究心が旺盛で,人間・社会・自然界で生じるさまざまなできごとや,それを支える仕組みに興味がある人
  3. 建築という形のあるものを創り出すこと,それを実現するための学術・芸術・技術に対する興味と意欲のある人
  4. 立体的な思考が得意で,ものづくりや空間への興味・関心が高く,創造力の豊かな人
  5. 自分の意見を相手に伝えることのできるコミュニケーション能力がある人
  6. 建築学に関する専門科目を習得するのに必要な一定レベルの学力を有しており,人文・社会科学,文化,歴史など広範な学問領域に興味のある人

学部教育分野

建築構造学分野

「建築物」「外力」「振舞い」の関係を把握するための構造解析技術の習得と各種構造の力学特性に関する教育

建築防災分野

耐風・耐震設計法およびより合理的な設計用風荷重の追究に必要な知識および技術に関する教育

建築構法及び材料分野

各種建築材料およびそれらの組立て方を通した建築物の生産を総合的な視点から理解するための教育

建築環境工学分野

自然エネルギーを有効利用して建築物や居住者の環境をパッシブに調整するための知識や理論に関する教育

建築設備分野

建築設備・工学技術を利用して建築物や居住者の環境をアクティブに制御するための知識や理論に関する教育

建築計画分野

住まいや施設の計画や設計および空間の使い方やつくり方の理論や技術に関する教育

建築デザイン分野

建築形態および空間構成の設計理論とデザイン技術に関する実践的な教育

コミュニティデザイン分野

建築単体を越えた面的・群的なコミュニティデザインの理論と手法に関する実践的な教育

共通・空間図形科学分野

空間の構築・構築手法の提案、物理環境の分析、心理的応答の分析の3つを柱にした教育