NEWS | HISTORY | GUIDANCE | CURRICULUM | STUDY | FOR EXAMINEE | STAFF | LINK

カリキュラムの概要

 基礎教育科目、外国語科目・社会・人文科学系科目は全学共通科目として提供する。1年次より学年進行に伴って全学共通科目の履修量は漸次減少し、専門科目の履修量は増大するようにカリキュラムを設定して、4年一貫教育を実施します。専門科目については、3年次までに基礎的科目を履修し、4年次からは計画系、環境系、構造系に分かれて専門性の高い科目を履修できるようにします。また、講義科目で学んだ知識・理論を建築設計演習等の演習科目で総合的・実践的に理解します。そして最終年次では、「卒業論文」と「卒業設計」を学部教育総仕上げの両輪(「理論」と「実践」)と位置づけて、ともに必修とします。これは本学科カリキュラムの大きな特徴です.